運営検討委員会 議事要旨

0015hed.jpg

| HOME | 委員会・会議等の開催結果 | 運営検討委員会 議事要旨 |

猪名川河川レンジャー運営検討委員会 議事要旨

令和2年度の運営検討委員会は、令和3年3月2日(火)14:00~16:00に開催しました。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、Web会議形式で行いました。

【会議の議題】

  • 猪名川河川レンジャーの概要説明・紹介
  • 河川レンジャー自主企画活動の報告・計画
  • 猪名川河川レンジャーの取り組みの報告・方針
    ①令和2年度の運営方針・個別活動方針
    ②令和2年度に実施した取組と評価・課題等
    ③令和3年度の運営方針(案)
    ④令和3年度の個別活動方針(案)


【委員意見総括】

    ○令和2年度の活動について
  • い~なの応募数が過去最高となったことは素晴らしく、これまでの広報の成果の表れである。
  • 出前講座の依頼を先方から受ける機会が増えており、活動が一歩前進したと言える。河川レンジャーが認知されてきたことが伺える。
  • 猪名川視察会は非常に良い。ぜひ継続していってほしい。
  • 新型コロナウイルス感染症のため中止となったイベントも多かったが、出前講座等を活発に実施できている。コロナ禍でもこれだけの成果を上げたことは素晴らしい。
    ○今後の活動に関する意見・提案・要望
  • い~な応募作品を全作品展示することで応募者を介した広報効果が高まっており、今後も全作品の展示を続けることが望ましい。
  • 猪名川流域外や流域内の府県管理区間などに活動を拡大していくことが望ましい。
  • コロナ終息後には、イベント等に対する住民の期待が高まると想定され、これに応えられるよう、さらにパワーアップしていけると良い。
  • コロナ禍での河川レンジャー活動のあり方として、出前講座などの動画配信を検討すると良い。
  • 出前講座や動画配信に活用できるよう、ドローンで上流から下流まで猪名川を映してはどうか。
  • 河川レンジャーに対し、河川事務所の各部署から出前講座等で活用できる資料の提供を行ってほしい。
    ○今後の制度に関する意見・提案・要望
  • 活動の活発化に伴い河川レンジャーの負担が過大にならないよう、事務局で調整・支援しながら運営していくことが必要。
  • 今後の体制については、河川レンジャーの目標人数などを定めておくことも必要である。
  • 養成講座では、これまでの河川レンジャー経験者から河川レンジャー活動の実例などを聞く機会を設けると良い。




このサイトについて

猪名川河川レンジャーのホームページにようこそ!
このサイトでは、猪名川河川レンジャーが住民や住民活動団体、行政などと連携して進めている活動の様子や今後の様々なイベント情報などについて紹介しています。
どうぞごゆっくりご覧ください。

活動拠点のご案内

※活動拠点については調整中です。暫定として、現在は猪名川河川事務所の会議室が利用されています。